禁煙化が進み、喫煙者の肩身がどんどん狭くなっていっている今日この頃。
完全にやめる気はないけど、健康が気になるからとりあえず本数を減らして
みよう
、なんて甘い考えを抱いている人もいるのでは。
ところが残念ながら、一見理にかなっているようにも思えるこの方法が、実は全く
意味をなしていない
ことが新たな調査により明らかになった。

グラスゴー大学とスターリング大学の研究チームが、スコットランドに住む5200人の
データを分析した同調査。調査が始まった1970年初め頃全ての被験者は喫煙者
だったが、その後禁煙したり、本数を減らす、本数を増やすなどした人がいたとか。
そして、調査開始から約40年後になる2010年に被験者の死亡率を調べたところ、
途中で禁煙した人は、40年間喫煙し続けていた人よりも死亡率が低いことが判明。
ところが、やめてはいないが本数を減らしたという人と、40年間同じ量を吸っていた
人の死亡率には、目立った違いはなかったという


調査をおこなったLinda Bauld教授は、「今回の調査により、喫煙量を減らしたから
といって健康になるわけではないことが証明された」
とコメント。
本数を減らすという行為は、将来的にやめるために有効的な手段であることは
事実だが、「そのうちそのうち…」といつまでも吸い続けていたら意味がない。
どこかの時点でスパッとやめなければ、健康を改善することはできないのだと
心得ておく必要がある。




あらら

じゃあ、いっそのこと好きなだけ吸った方がいいですねw


ただし、ぽい捨てだけはホントやめてほしい。


記事全文はこちら↓
http://irorio.jp/asteroid-b-612/20130709/68099/