11月に韓国修学旅行を予定している
滋賀県立国際情報高校に対して、
ネットでは抗議を呼びかける運動が行われている。

抗議を呼びかけている人物によると、
同校の保護者の中には韓国修学旅行について、
北朝鮮の問題などがあることから懸念を表明している保護者もいるとのこと。

別の投稿者も
「今までならともかく(今まででも十分行っても意味のない国ですが)
今は特に日韓も南北朝鮮情勢も非常に危うい状態なので
絶対に娘を連れて行って欲しくありません」
と、
保護者のものだとするコメントを紹介。

またその保護者は
「昨年のPTA会長も再三訴えてくださったのですが
学校側は全く行先変更をする気がないようです」
とも明かしているという。

冒頭の投稿者によると、
同校は同様に安全面に懸念を持つ保護者を学校に呼び出し、
外務省が「潜在的に北やテロなどの脅威は存在するが
今は落ち着いていて、今すぐどうとかはない」と説明したとし、
「国が大丈夫だと言っている」と主張したことを綴る。

しかし、投稿者が外務省に問い合わせたところ
「100%大丈夫とは言えない」というのが同省の見解だった
とし、
在韓日本国大使館HPにも有事を想定した
注意事項が多数記述されていることを説明。
投稿者は同校や、同県の教育委員会、
下村博文文部科学大臣などに対して
旅行先の変更を求める抗議活動を呼びかけており、
この抗議活動に関するツイートに江戸川区議会議員の田中けん氏もリツイートしている。

こうした抗議活動は同じく韓国修学旅行が行われている鳥取西高、
鳥取東高などに対しても行われているようで
ネットで抗議の呼びかけが行われている。
http://yukan-news.ameba.jp/20130726-313/ 




ちょっと今はいくべきではないですよね。

どう考えても。 

生徒達自信はどう思っているのかも気になりますね。