ヘルシーチョコレート xocai でダイエット

日本でもやっと個人輸入できるようになった究極のチョコレートXOCAI。 糖尿病患者でも食べられる不思議なチョコレートでダイエット! 抗酸化作用も他の食品の比ではないのです・・・!

科学

皮膚の質感がここまで鮮明に!人の肌を細胞レベルまで忠実に再現する新しい技術が開発される

4e15d2a4

コンピューターが創り出した画像(CGI)は、私たちを仮想世界に連れて行ってくれる。そこではデジタルクローンの俳優たちが擬似人間として活躍している。しかし、あくまで作り物の彼らのほんのちょっとした不自然さが、見る者に不気味な印象を与えてしまっている。しかし、人の肌を細胞レベルまで忠実に再現する新しい技術によってこれを克服することができた。

CGでリアルな顔をつくるのが難しいのは、肌が毛穴、シミ、シワやテカリなど、細かい特徴やアラが寄せ集まった複雑なつくりになっているからだ。これらをごまかしてしまうと、どうしても不気味な感じになってしまう。インプットするデータをできるだけリアルにするのが成功の鍵だというのは、英ロンドンのインペリアル大学のアブヘジット・ゴーシュ。

ゴーシュと南カリフォルニア大学のポール・デベヴィックらは、人の肌に反射させた光を忠実に読み取る方法を開発した。表皮で跳ね返る光、皮膚の深層まで入り込む光など、4種類を使う。

人の顎、頬、額から皮膚のサンプルを、10マイクロメートルレベルで高解像度撮影し、それぞれの皮膚細胞写真をだいたい3ピクセルまで伸ばす。その画像を使って、皮膚の3Dモデルを作り、光反射の技術を適用する。こうすることによって、毛穴から微細なシワまで寸分違わぬ完璧なCGの皮膚ができるというわけだ。

e0aa01d1

1c408e36



ついに不気味の谷克服!?

楽しみな技術ですねー 


記事全文はこちら↓
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52134064.html 

ネプチューンに新メンバーが参加!?

3a8dadcf

8e405a3d-s


太陽系外惑星がばんばん見つかる時代だ、
太陽系内の事情はだいぶ明らかになってきたと思いきや、
まだまだ灯台下暗し的な発見がある。
なんとハッブル宇宙望遠鏡が海王星を廻る新たな衛星を発見! 

「S/2004 N 1」と名付けられた月は直径19kmで、
海王星から10.5万kmの衛星ラリッサとプロテウスの間を、
23時間で公転している。
ハッブル宇宙望遠鏡の高感度カメラが、
とてつもなく小さく暗い“白い点”をとらえ、
これを地球外知的生命体探査(SETI)の
マイケル・ショウォルター氏が発見。
幸いなことにショウォルター氏には
2004~2009年に観測された海王星データがあり、
画像上に幾度も現れる“白い点”を分析する事で、
この衛星が23時間で公転している事を突き止めた。

1ae77f16-s



と、まぁそういうお話ですw 

ホント毎日のように新発見がありますよね。
わくわくします。 

科学的に完璧なアップルパイを焼く方法

20130701_applepie

・バターの角切りはアーモンドサイズとグリーンピースサイズの2種類用意
・水分量が多く脂質の少ないバターを使う
・リンゴは、くし型に切る
・生地のお水の一部をラム酒かウォッカに変える
・パイ皿使う
・空気穴開ける
・表面に卵白を塗る
・375度以上(摂氏190度以上)の高温で焼き上げる
・冷ましてから切り分けて食べる


だそうですw

さらに詳しい作り方はこちら↓
 http://www.gizmodo.jp/2013/07/post_12738.html

摩訶不思議!!水で溶けるスプーン

一見普通のスプーン。
コンコンと金属音もするこのスプーンを30度の水に浸すとあら不思議。
完全に溶けてメタルスライム化しちゃうというのだ。





実はこれ、純度99.99パーセントのガリウムという金属結晶からできているんだ。ガリウムは融点は 29.8℃と低いが、一方、沸点は 2403℃(異なる実験値あり)と非常に高い。また、水と同じように、液体の方が固体よりも体積が小さい異常液体でもある。ガリウムは固体から液体になると、その体積が約3.4%減少するそうだ。


これおもしろーいw

溶けるスプーンキット売ってるらしい・・!

ちょっと欲しい!!



記事全文はこちら↓
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52007361.html 

カメ、甲羅の正体あばかれる。ついに進化の謎が明らかに

0711turtle


カメの甲羅の正体は、あばら骨。進化の過程で肋骨が劇的に形を変えたのです。研究の結果、皮骨からできている装甲とは明らかに異なっていることがわかりました。

さてさて、この発見、発生学と古生物学、両方の切り口からカメさんと向き合った研究の成果です。理化学研究所では、スッポンを胚の状態から細胞レベルで観察してニワトリと比較したり...カメと同様の構造をした甲羅を持っていた中生代爬虫類シノサウロスファルギスの化石標本を研究するなど...綿密な調査からこれらの結論を導き出したとのこと。やっぱこれだけやらないと、進化の謎って解明できないんですね。




ほほー

おもしろいなーw

さらなる研究に期待^^ 

ギャラリー
  • ショサイの製品
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • アメリカの3歳児、自分の頭を拳銃で撃って死亡 名前はデーモン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ