ヘルシーチョコレート xocai でダイエット

日本でもやっと個人輸入できるようになった究極のチョコレートXOCAI。 糖尿病患者でも食べられる不思議なチョコレートでダイエット! 抗酸化作用も他の食品の比ではないのです・・・!

医療

【朗報】ついにアトピーの原因が解明されました!

皮膚などにあるタンパク質「インターロイキン33」(IL33)が過剰に生み出されると
アトピー性皮膚炎の発症につながる
ことを、兵庫医科大と三重大のチームがマウスの実験で明らかにし、 
5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。 

兵庫医科大の山西清文やまにし・きよふみ主任教授は「IL33が作られる過程が解明され、
増加を止められれば、治療薬を開発できる可能性がある」
と話している。 

チームによると、IL33は人の体内にもともとあり、
アトピー性皮膚炎患者の皮膚細胞では通常より多いことが分かっていたが、
発症との詳しい因果関係は不明だった。 


続きを読む

【動画あり】2歳で聴力を失った女性が人工耳により「夫の声を聞いた」瞬間映像

a781af09

今、ある動画が世界中で感動を呼んでいる。
動画のタイトルは「my wife hearing for the first time! its amazing!」。
これは2歳のときに聴力を失った女性が、人工内耳手術を行い、
「夫の声を聞いた」瞬間の映像である


人工内耳手術とは、体内に機器を埋め込み電気刺激を神経に
直接送るという医療技術のことだ。

 
続きを読む

【朗報】最新の研究で赤ちゃんの将来の健康状態を予測することが可能に!

aec19204-s


どの親も自分の子供が生まれた時は、
その子が将来健康で長生きする事を願うだろう。
だが、これからはその子の将来の健康を「願う」のではなく
「知る」ことが出来る時代がやってくるのかも知れない。

最新の研究で、血液中に老後の健康状態を予測する「ヒント」となる
物質を特定する事に成功した。
それにより、簡単な血液検査だけで赤ちゃんの将来の健康状態がわかるようになるそうだ。
 
・鍵は血液中にある22種類の「メタボライト」
研究を行ったのはロンドンにあるキングス・カレッジのティム・スペクター氏。
人の血液中には、代謝に関係のある物質「メタボライト」が存在するが、
そのうち22種類のメタボライトが老後の健康状態を予測するための指標になるという事が判明したのだ。

特にその中のひとつ「C-glyTrp」というメタボライトが多い人は、
老後に肺機能、骨密度、血圧、コレステロール値に問題を持つ傾向にあるという事もわかった。
  
・出生時の体重が低いほど老後病気になりやすい
老後の健康は出生時の体重も大きく関係があるという。
出生時の体重が低い人ほど「C-glyTrp」が多く見つかっているそうだ。
つまり、出生時の体重が低い赤ちゃんは、老化に伴い健康面でのトラブルが起こりやすいのだ。

・老後の健康や寿命は遺伝子だけでなく胎内での栄養も大事
また、研究では6000組以上の双子の血液サンプルが使われた。
遺伝子が全く同じ双子でも、出生時の体重が違うと
代謝物質の値も違うという事が証明されたのだ。
よく健康問題は「遺伝的」と思われる事も多いが、
それだけでなく胎内での栄養状態も大きく影響するのである。

この研究成果により、老後なりうる病気を若い時から対処し
未然に防ぐ事が可能になるかも知れないという。
できる限り若々しく健康な人生を送れるよう、今後の研究の進展に期待したい。




へー!

すごいなー

精度がどれくらいか気になるけど
この結果をもとに
食生活とか調整できそうですもんねー!

これでますます高齢化?w

先の話だなw 


脳を刺激して誤った記憶を作り出すことに成功

a708fb59


○「誤った記憶」作った!…利根川氏ら 

脳を刺激して実際と違う誤った記憶(過誤記憶)を作り出すことに、ノーベル賞 
受賞者の利根川進・米マサチューセッツ工科大教授と理化学研究所のチームが 
マウスの実験で成功したと、26日付の米サイエンス誌に発表する。 

過誤記憶を人為的に作り出したのは世界で初めて。 

人間はしばしば記憶違いを起こすほか、妄想を抱く病気もある。これらの原因は 
わかっておらず、今回の成果をきっかけに解明が期待される。 

利根川教授らは、マウスの脳の奥にある「海馬(かいば)」と呼ばれる部分に 
光を当て、実験を行った。海馬は記憶に関係すると考えられる。マウスの 
脳細胞には特殊な遺伝子が組み込まれ、光を当てると活性化、直前の記憶が 
再生されるようになっている。 

このマウスをまず、何もしない安全な部屋に置いた後、形の違う別の部屋に移し、 
脳に光を当てながら、マウスの嫌いな電気を足に流した。このマウスを安全な 
部屋に戻すと、外敵に遭った時のように身構え警戒したが、電気を流しただけの 
マウスを安全な部屋に戻しても、警戒しなかった。 

これは、海馬に光が当たったことで安全な部屋の記憶がよみがえり、マウスが 
「安全な部屋で電気を受けた」と混同したと考えられる。






もう完全に映画の世界だよね 

しかし、これ何に使うんだろうね?

ちょっと考えると怖い。

トラウマとか消せるのかしら・・?

何にせよ興味はかき立てられますねー! 


超音波を脳にあてて気分を操作

脳の特定の部分に超音波をあてることで、患者の気分を変えられることがわかった。アリゾナ大学のチームが行ったこの研究は将来、薬物によらない抑うつ症などの診療の開発につながるかもしれない。

この研究では、1秒あたり約1,000万回振動する超音波によって、気分に関係する脳の部位にある微小管(細胞中に見いだされる直径約25nmの管状の構造)を、だいたい同じ周波数で共鳴させることが理論的な要になっている。

アリゾナ大学意識研究センターの研究チームは、ヴァージニア工科大学で行われた動物の脳に超音波をあてるという実験の結果に興味をもった。スチュワート・ハメロフ博士は、慢性痛のある患者の志願者にこの方法を試すことにしたが、その前にまずは自分で試してみた。超音波を送る装置を15秒間、自分の頭に向けたところ、最初は効果を感じなかった。しかし「それからおよそ1分後、まるでマティーニを飲んだような気分になり始めた」とハメロフ博士は言う。

高揚した気分は1~2時間続いたように感じられたが、ハメロフ博士はプラセボ効果の可能性があることもわかっていた。仮説をさらに検証するため、博士は、慢性疼痛の患者を対象にした、二重盲検法による臨床研究を立ち上げた。患者だけでなく観察者側も、超音波装置のスイッチが入っているのかがわからない実験だ。その後、この研究は『Brain Stimulation』誌に発表された

実験によると、頭蓋に超音波をあてられた患者は気分改善(最大40分間)を報告した。超音波をあてられなかった患者は気分に変化はないと報告した。



すごw

すごいけどw

なんだろう・・・

すごい不安w

でも、たしかにうつ病で悩んでいる人には
効果的かもですねー

はやく実用化して頂きたいものです。

てか、日本でもはやく
うつ病の治療薬としての
麻薬は合法化した方がいいですよね。

なんかずいぶん前(8年くらい前)にそんな話でてたけど、
どうなったんだろうなー

今度調べてみよう。

あ、別に私はうつではございませんので
あしからずw



記事全文はこちら↓
http://wired.jp/2013/07/23/ultrasound-mood-change/?utm_source%3dfeed%26utm_medium%3d 
ギャラリー
  • ショサイの製品
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • アメリカの3歳児、自分の頭を拳銃で撃って死亡 名前はデーモン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ