グーグルのもつインターネットへの影響力がよくわかる出来事が起こった。グーグルが約2分間停止しただけで、世界のネット・トラフィックが40%減少したのだ。

8月17日の23時52分(英国時間)に始まったこの出来事は、YouTubeやGmailなど、グーグルが提供するすべてのサーヴィスに影響した。1~5分間の停止のあと、23時57分までには接続が回復した。

ウェブ分析のGoSquared社は、これによりページヴューがおよそ40%と大きく減少したのを目撃した。その後、目的のページにたどり着いたユーザーたちによるページヴューの急増があった。

グーグルは今回の問題に関してコメントしていないが、同社のAppsステータスダッシュボードにはサーヴィス停止のメッセージが掲示されている(日本語サイトでは17日午前8時37分に表示)。

11分後には、障害が解決したというメッセージとともに、「太平洋夏時間の15時51分と15時52分の間、グーグルへのリクエストの50~70%がエラーを受け取った。サーヴィスは1分後には大半が復旧し、4分後には完全に復旧した」と説明している




すごいな・・・ 

私自信はすでに
Googleないと生活できない体になっておりますw 


バニラアイスでやせる!医師「高脂肪のバニラアイスは究極のダイエット食!」


イケメンじゃなくてもモテる人の特徴


【画像あり】万札に書かれた謎の文字


【心して聞け!】バストを大きくしたいならノーブラになれ!


高齢処女が婦人科に行ったらなんか泣ける話になった


既婚女性の6人に1人が浮気しているという調査結果、過去20年間で既婚女性の浮気率が40%もアップ!!