ヘルシーチョコレート xocai でダイエット

日本でもやっと個人輸入できるようになった究極のチョコレートXOCAI。 糖尿病患者でも食べられる不思議なチョコレートでダイエット! 抗酸化作用も他の食品の比ではないのです・・・!

予約

【画像あり】海に浮かぶ要塞ホテルがすごい

130816ECSpitbank-Fort
続きを読む

【悲報】WiiUの“命の石“と言える半導体を製造していた鶴岡工場が閉鎖を決定、特殊な技術が必要で代替えはきかないみたい

5fed0d54

センチ四方ほどの小さな“石”で任天堂を転ばせるかもしれないー―。

経営再建中の半導体大手、ルネサスエレクトロニクスが2日、山形県鶴岡市の
鶴岡工場の閉鎖
を決めたことで、任天堂が頭を抱えている。
任天堂の最新ゲーム機「Wii U」の事業計画が覆されかねないためだ。

なぜ、鶴岡工場の閉鎖が任天堂の痛手になるのか。
それはWii Uの“命の石“ともいえる半導体を製造しているからだ

鶴岡工場にとって、任天堂は前世代機から「Wii」の半導体製造を担っていた得意先。
ピーク時には製造量の半分以上が任天堂向けを占めた。だが、Wii Uの販売不振の
あおりを受け、今年に入ってから工場の稼働率は低空飛行を続け、赤字を垂れ流していた。

鶴岡工場が“任天堂依存”だったとはいえ、任天堂が今後、別の会社にWii Uの半導体の
製造を頼めばよいと思うかもしれない。だが、そう簡単にはいかない事情があるのだ。

鶴岡工場の最大の特徴は「混載DRAM」と呼ばれる特殊な半導体を製造できること。
計算用のロジック回路と記憶用のメモリー回路という、タイプの異なる2種類の回路を、
一つの半導体上に作り込むことが可能なのだ。

当然ながら製造は難しく、そのノウハウは「旧NECの最先端の技術が詰まった
“秘伝のタレ”のようなもの」(業界関係者)。業界内での評価は高く、一時は米国の
半導体大手や政府系ファンドなどが出資し、鶴岡工場を独立させる計画もあったほどだ。
Wii Uでも、画像処理用の半導体で、この混載DRAMの技術が使われている。

あるルネサス幹部は「量産できるのは世界でも鶴岡工場だけ。よそで作るのならば、
二つの半導体を使うなど、設計そのものをやり直す必要があるのでは
」と話す。
同じ半導体を作るため、鶴岡工場の設備を買い取って活用するなどの対処法も
考えられる。しかし、前出の業界関係者は「先の見えないWii Uのために、任天堂の
わがままを聞いてくれる半導体製造会社があるのだろうか
」と手厳しい。

当の任天堂は工場の閉鎖は15年度とまだ先のためか
「当面のWii Uの生産に影響はない」と言葉少な。
どちらにせよ、半導体の設計変更などコスト増を伴うWii Uの計画の見直しは
避けられなさそうな情勢だ。Wii Uの販売不振が鶴岡工場の閉鎖を招いた側
という身から出たさびの感もあるが、任天堂の苦境はまだまだ続きそうだ





これ・・なにげに困りますよねw

なんかいろいろイワクがついてまわりますねw
wiiUはw

が、がんばれーw



クレジットカード番号には法則がある。それによって番号は決まる。

130726_creca_

クレジットカード番号って適当に新しい数字の羅列があてがわれる、って思われてるなら、それは間違いです。良質な数字列がえてしてそうであるように、そこには一定のアルゴリズムが使われているんです。

といっても、カード番号の最初の数字はカード会社によって決まっていて、VISAなら4、マスターカードなら5、アメックスなら34か37という具合です。でも、最初じゃなくて最後の1ケタがミソなんです。Data Geneticsによれば、これがあることでカード番号を書き込んだりコンピューターで入力したりしたとき、その番号が正しい番号かどうかすぐ検知されるんだそうです。

一般的な16ケタのクレジットカード番号では、最初の15ケタはそれを発行する銀行が決めている。が、最後の1ケタは「チェック・デジット」と呼ばれ、前の15ケタに基いて数学的に決まる。

このチェック・デジットをカードの持ち主が自分で選ぶことはできない。それを決定する式を作り出したのはハンス・ペーター・ルーン、1954年当時IBMの研究者であった。このアルゴリズムは当初は特許化されていたが、今では世界標準ISO/IEC 7812-1としてパブリックドメインとなっている。

チェック・デジットを単体で見ただけでは、クレジットカード番号が間違って入力された場合でも間違いを検知できない。仮にチェック・デジットを当てずっぽうで入力しても、10回に1回は当たりになるからだ。が、ルーンのアルゴリズムに基いて数字列全体を見れば、9と6を入れ替えてしまうといった間違いがひとつあるだけでもそれを検知できる。また、隣り合うふたつの数字の順序の間違いも、ほぼすべての数の組み合わせ(09と90の間違いなどいくつかは不可能)において検知できる。これらの間違いはカード番号を書き込むときによく見られるもので、チェック・デジットがその検知に役だっている。

ルーン・アルゴリズムによる副産物は、上にも書いたように、当てずっぽうにチェック・デジットを入れても10回に1回しか当たらないということである。これによって、事情を知らないハッカーや犯罪者が適当に生成したクレジットカード番号を使おうとしても、カードの持ち主は多少ながら守られている。



ちなみにルーンのアルゴリズムとは、こんなものだそうです。
130726_creca3


  • チェック・デジットを含めて右から偶数ケタ目(2ケタ目、4ケタ目、6ケタ目…)の数字にそれぞれ2をかけて、それらの数字を全部合計する。(上の例で34)

  • 右から奇数ケタ目の数字(上の例で33)を、上で出した数字に全部合計する。(上の例で67)

  • その数を10の倍数(10、20、30…)にするために足す数(上の例で3)が、チェック・デジットになる。


知らなかった!!!

これちょっとした宴会芸になるよね?w

忘年会などでやると
モテるかも?w



 

【画像あり】海外のケーキが凄い

20733500

9289d806


fd9eac98

e788e8f4


de6f784b


aba33d18


6e0922a0


284398ae




すごい!

すごいけど、ちっとも食べたくないw 

何もないところからキャラクターが登場!ディズニーの新技術「HideOut」が凄い!

hy (1)

ディズニー・リサーチは、白紙や印刷物などの表面にインタラクティブな
AR映像を投影する新技術「HideOut」を発表
しました。
この技術を用いることで、紙の絵本の上でキャラクターが歩きまわらせる、
あるいは何もないところから突然キャラクターの姿を浮かび上がらせると
いった映像表現が可能となります


このHideOutでは、AR(Augmented Reality, 拡張現実)と呼ばれる、現実空間に
バーチャル映像を投影する技術がベースとなっています。
具体的には、赤外線にのみ反応するステルスインクにより(紙の表面などに)
マーカーが描かれており、このマーカー情報をカメラで読み取って、その情報に
応じたAR映像をプロジェクターで投影することになります。

hy (1)
赤外線インクで、紙などのメディア表面にマーカーが描かれている。

hy (3)
カメラで撮影したマーカー情報に応じて、プロジェクタ部分から映像を投影する。

hy (2)
キャラクターがマーカー間をテレポートするような演出も可能。

これまでのAR技術では、投影されたキャラクターを見るためにスマートフォン
などの対応デバイスが必要となっていましたが、このHideOutでは
プロジェクターからリアルタイムに映像が投影されるため、視聴者は特別意識
することなく、気軽にバーチャル映像を楽しむことが可能になります。

実際の応用例としては、ディズニーランドの園内に設置された標識上に小さな
キャラクターを投影させてコースの説明をさせたり、あるいはホラーハウスの
コース上に幽霊やモンスターの映像を突如浮かび上がらせる、といったことが
考えられます。

「夢の国」の世界観を実現するために、常に最先端の研究に取り組んいるディズニー。
この技術が、実際のテーマパークで使用される日が待ち遠しいものです。
http://ggsoku.com/tech/disney-developed-hideout/




楽しそうだーーーー!! 

ディズニーランドに設置はよ。


 
ギャラリー
  • ショサイの製品
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • アメリカの3歳児、自分の頭を拳銃で撃って死亡 名前はデーモン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ