1 名前:そーきそばΦ :2013/08/17(土) 06:48:09.65 ID:???0
中国の河南省〓河市人民公園内の動物園で、「ライオン」と称して大型犬であるチベタンマスチフを展示していたことが分かった。“ライオン”が「ワンワン」と吠えだしたので、観客に真相が分かった。「子どもを教育目的で連れて行ったのに」と怒りを爆発させた女性もいる。公園側が個人に運営を請け負わせている動物園で、公園側は運営者と契約打ち切りについての協議を始めたという。北京青年報などが報じた。(〓はさんずいに「累」)

週末(10、11日のいずれか)に来園したという女性がインターネットに「怒りの投稿」をしたことで広く知られる
ことになった。おかしいと思ったが、“ライオン”がワンワンと吠え始めたので犬と分かった。

息子に動物の名を教えるために連れて行ったが、息子は「ライオンだ。お母さんはボクをだまそうとしている」
などと言い張って困惑しているという。女性は「犬を持ってきてライオンと展示している。
来場者を馬鹿にしきっている」と、怒りを爆発させた。

公園内の小規模な動物園だが、「アフリカ・ライオン」との表示がある檻(おり)があり、特徴の説明などが
書かれていた。同動物園では「オオカミ」と表示されていたのも犬で、「国家1級保護動物・金線豹」と紹介
されていた動物はキツネだったとみられている。

同公園動物管理課の劉素亜課長は「表示している動物はすべて保有している。ただし貸出中だ」、「動物園
には20種の動物がいるが、表示を違う動物を見せていたのは4種だけ」、「わざとこのような状況にしたの
ではない。資金不足だったわけではない。たまたま一部の動物がいなかった。偶然だ」などと説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130816-00000044-scn-cn続きを読む