ヘルシーチョコレート xocai でダイエット

日本でもやっと個人輸入できるようになった究極のチョコレートXOCAI。 糖尿病患者でも食べられる不思議なチョコレートでダイエット! 抗酸化作用も他の食品の比ではないのです・・・!

医療

記憶は脳の外にある? プラナリアの実験からわかったこと

8

どうやら頭部を失っても記憶はなくならないらしい。少なくともプラナリアにとっては。

幹細胞が全身に存在するというプラナリアは、その著しい再生能力から再生医療の研究によく使われてきた。1匹のプラナリアを半分に切断すれば、2匹の完全なプラナリアとなり、2週間ほどでその脳すら完全に再生される。しかしプラナリアの特性は再生能力だけではない。1960年代に行われた研究では、本能的に光を避けるプラナリアでも「光のある場所に餌がある」とトレーニングされた個体は、インプットされた記憶を長期間覚えていることが可能だとされてきた。しかも驚くべきことに、半分に切断後、尻尾から新たな頭部を再生したプラナリアでも、かつてのトレーニングを“覚えている”のだという。ただしそれが事実、「脳から記憶を想起」した結果なのか、光や匂いに対する「条件反射」や「感作」のようなものの影響なのかが明らかにされていなかった。

そこで米マサチューセッツ州タフツ大学のタル・ショムラットとマイケル・レヴィンが、この謎の解明に乗り出した。『The Journal of Experimental Biology』に掲載された論文によると、彼らは数百というプラナリアの環境(温度、時間、水の種類、餌の種類など)を徹底的に均一化し、長期記憶のためのトレーニングもすべて自動化。さらに光による条件反射や感作の影響を極力避けるために、プラナリアをざらついた表面のあるペトリ皿に移し、そのざらついた環境にこそ餌があると学ぶよう、暗闇で10日間のトレーニングを施した。

正しく脳(中枢神経)を使って記憶されているかを調べるテストには、プラナリアの光を避ける習性を逆手に取り、青いLEDライトで餌を照明。ざらついた表面に餌があると知らないコントロールがペトリ皿の縁から動かなかったのに対し、学習した個体は、光を避ける習性があるにもかかわらず、その感触を頼りに餌へと到達した。研究者らは、その記憶が最後のトレーニングから14日間は持続することを確認。その後プラナリアを咽頭前で半分に切断し、頭部の再生後(切断から10~14日後)に長期記憶が残されているかどうかを、餌への到達時間をコントロールと比べることで判断した。

結果は常識的に納得のいくものだ。新たな脳を完全再生したのだから、覚えていないのは当たり前だと思われるだろう。事実、トレーニングを施された頭部再生後のプラナリアと、記憶トレーニングなしのコントロールを比べると、ざらついた表面上にある餌への到達時間はさほど変わらなかった。しかし驚くべき結果はここからだ。


続きを読む

【朗報】ついにアトピーの原因が解明されました!

皮膚などにあるタンパク質「インターロイキン33」(IL33)が過剰に生み出されると
アトピー性皮膚炎の発症につながる
ことを、兵庫医科大と三重大のチームがマウスの実験で明らかにし、 
5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。 

兵庫医科大の山西清文やまにし・きよふみ主任教授は「IL33が作られる過程が解明され、
増加を止められれば、治療薬を開発できる可能性がある」
と話している。 

チームによると、IL33は人の体内にもともとあり、
アトピー性皮膚炎患者の皮膚細胞では通常より多いことが分かっていたが、
発症との詳しい因果関係は不明だった。 


続きを読む

【イギリス反応】人の臓器を動物の体内で育てる研究 「このニュースは希望だ」「これは明らかに異常で非道徳的」

e991f3f2-s

科学者達は、ヒト幹細胞を動物の胚に取り込もうと考えている。
対象となる動物は豚の可能性が高い。 ヒト幹細胞を動物の胚に取り込む事で、キメラ胚と呼ばれるものを作る、キメラ胚は動物の子宮に移植する事が可能だ。



その後、細胞は、肝臓や心臓といった臓器に完璧に成長する。 
大人になった動物を切ると、臓器を取り出す事ができ、人間へ移植が可能になる。 
幹細胞治療研究センターのナカウチ・ヒロミツ氏は、マウスを使った細胞に関する研究はすでに成功しており、人と豚の間でも同じ原理が適応する事ができる、しかしガイドラインによって二の足を踏んでいる状態だと言う。 
現在の日本のガイドラインによると、実験室条件において、最高で14日間、キメラ細胞を発育させることは許可されているが、次のプロセスステージである、動物の子宮にキメラ細胞を移植する事は禁じられている。 


その後、細胞は、肝臓や心臓といった臓器に完璧に成長する。 
大人になった動物を切ると、臓器を取り出す事ができ、人間へ移植が可能になる。 
幹細胞治療研究センターのナカウチ・ヒロミツ氏は、マウスを使った細胞に関する研究はすでに成功しており、人と豚の間でも同じ原理が適応する事ができる、しかしガイドラインによって二の足を踏んでいる状態だと言う。 
現在の日本のガイドラインによると、実験室条件において、最高で14日間、キメラ細胞を発育させることは許可されているが、次のプロセスステージである、動物の子宮にキメラ細胞を移植する事は禁じられている。 






こういうのってせっかく技術ができても
人道的な問題で使えないことがおおいですよね。

けど、困ってる人からすれば
希望なわけで。

難しいところですよねー 
ギャラリー
  • ショサイの製品
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • アメリカの3歳児、自分の頭を拳銃で撃って死亡 名前はデーモン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ