ヘルシーチョコレート xocai でダイエット

日本でもやっと個人輸入できるようになった究極のチョコレートXOCAI。 糖尿病患者でも食べられる不思議なチョコレートでダイエット! 抗酸化作用も他の食品の比ではないのです・・・!

秘密

【画像あり】CIAが存在を認めた秘密基地「エリア51」


ランドサット衛星が2000年頃に撮影した「エリア51」。左下に空軍基地。その北東に滑走路とグルーム乾燥湖が見える。ラスヴェガスの北北西約200kmにある広大な(12,139平方キロメートル、新潟県に匹敵)ネリス射撃場の一部で、面積は約155平方キロメートル(川崎市ほど)。画像と説明はWikipedia 
異星人やUFOと関連づけられることの多い、ネヴァダ州の砂漠にある秘密試験場の存在について、米中央情報局(CIA)がこれまでの機密を解除した

「エリア51」の名で知られるこの基地については、そこにある試験場で開発された高高度偵察機「U-2」の、計画の来歴に関する書類の中で明らかにされていた。この書類は、1992年に内部向けに書かれたもので、1998年には、厳しく検閲された形で機密解除されていた。

がこのほど、リベラル系の研究組織「米国家安全保障アーカイヴの(2005年に行っていた)公文書請求により、ほとんど編集されていない形で再び公開された。

書類には、核実験場に隣接していたことを理由に、試験場が1955年に取得されたとある。CIA、米空軍、およびロッキード社のスタッフがすぐに移動し、U-2の開発を始めた。

当時、高度18km以上の有人飛行が可能だとは誰も思っていなかった。そのため、エリア51近くの上空で物体が目撃されるようになると、未確認飛行物体の報告が大幅に増えた。

専門家は、CIAはエリア51の存在を公式に認めることを意識的に行ったとみている。国家安全保障アーカイヴの研究員であるジェフ・リチェルソンはBBCの記事のなかで、「通常は秘密主義の傾向がある」と語る。「わたしに言える限りでは、エリア51の存在を公式に認めるかを議論するほどの高いレヴェルにまで行ったのは今回が初めてだ」

エリア51ではこれまでに、U-2のほか、「SR-71」、「F-117」など偵察機やステルス機の試験飛行等を行ってきたと見られている。周辺には「無断侵入者は射撃される」「撮影禁止」という警告看板が数多く存在する。
http://wired.jp/2013/08/19/area-51/?utm_source%3dfeed%26utm_medium%3d



こういうの大好きw 




 【閲覧注意】40回も整形を繰り返した韓国人女性


【画像あり】オードリー若林と春日のシンクロ率が120%を超えました


【画像あり】200人で吉野家にいくとこんなレシートもらえる


【閲覧注意】自動車の窓から見えてはいけないものが見えていた・・・!


【車が欲しい女子集まれ】「息子の童貞を奪ってくれた女性に新車を差し上げます」 母親が緊急募集!


【イケメンの限界】たとえイケメンだとしても引いてしまう趣味。1位はアレ!


【画像あり】こうみえて、この子は男の子です。


【閲覧注意】自動車の窓から見えてはいけないものが見えていた・・・!


【朗報】ゴリゴリのマッチョが集まる公園


【画像あり】やばい飲み物見つけた

モナリザの謎を明らかに!モナリザの骨の研究が進む

モナリザレオナルド・ダ・ヴィンチ
続きを読む

回転寿司がアカマンボウをマグロとして売る代用魚商法から進化し、死んで海底に沈んでる底魚や海面で浮かんでる浮魚を使う死体商法へ

子供から大人まで人気の回転寿司。100円均一のチェーンも増え、今や家計が苦しい庶民の味方としてすっかり定着している。

 しかし気になるのは、そんなに安くてどうやって儲けを生み出しているのかというカラクリ。回転寿司業界のコンサルを手がける、S氏に聞いた。

「回転寿司チェーンでは、原価が高い本物の代わりに、安い“代用魚”を使って利益を上げる会社が珍しくありませんでした。例えば、マグロの代わりにアカマンボウを利用する。原価がぐっと下がるわりに見た目も味もよく似ているので、安い回転寿司の味になれた客ではまず気がつきません(笑)」


 代用魚はまさしく法の抜け穴といえる手法。食品表示について定めた「JAS法」や「食品衛生法」では、パック販売するスーパーなどでの偽装表示は禁じられてはいるものの、その場で調理する飲食店では何の決まりもなかったのだ。

「しかし近年、こうしたカラクリが報道されるようになり、各自治体で代用魚を規制しようとする動きも出てきた。そこで現在の主流となっているのが、“死魚”です」

 死魚とは、釣りあげる前に死んでいた魚のこと。海底に沈んでいる「底魚」と、海面に腹部を出して浮かんでいる「浮魚」の2種類があり、卸市場といった通常の流通ルートではなく、特別な水産加工業者から仕入れるそうだ。

「死魚は本来なら捨てるしかないため、むしろ代用魚よりも安い。ネタによってバラつきはありますが、ネタの仕入れ価格は、通常のまともな魚に比べると驚きの5~10%です。見た目は、水産加工業者によって切り身にされていますし、ほとんどわからない。見た目は同じネタでも原価率が1.5~2倍にもなる“高利益”商品の出来上がりです」

 こうした死魚は、特定の種類に限るわけではなく、奇形になってしまった養殖魚や死んだ状態で水揚げされたマグロなど多岐にわたる。

 そのため、消費者が避けようと思っても一概に「このネタが怪しい」とも言えないのが難しいところなのである。“偽装”ではないとは言え、消費者目線で言えばあまり気分のいい話ではないが……。

「死んでいるとはいえ、腐っているわけではない。当然、本物ですから、味も悪くない。むしろ、品質を落とさず良いネタを提供しているのだから、企業努力だと評価してほしいくらいですね」

 何であろうと、安いものには必ず裏があるということか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130814-00487471-sspa-soci
 

【波紋は存在する】荒木飛呂彦(53)がさらに若返っている件





・・・

53?w

マジ?w

ここまでいくと

マジで波紋の存在を疑いたくなる・・・w

漫画って不摂生してるイメージなのに・・・

いやーw

すごいw

 

【閲覧注意】40回も整形を繰り返した韓国人女性

eb65e85c


整形手術が盛んな韓国で、
5年間に40回もの整形手術を繰り返した女性が話題を集めている。

韓国の変わった人を紹介する人気テレビ番組
『火星人ウイルス』は30日、5年間で整形手術を40回繰り返した女性、
キム・ビアンさんを紹介した。

国民の10人に1人が顔に何らかの
手術を行った経験があるというデータがあるほど、
整形手術には寛容な韓国。
だが、テレビに登場した彼女の姿を見て視聴者たちは驚愕した。
40回にわたる整形により、
なんだか違和感のある人工的な姿をしていたからだ。

Ph012566

キムさんによると、整形は目の部位だけでも20カ所行った。
具体的には二重手術を3回、目頭切開法を3回、
目尻切開法を3回、たれ目形成を1回、目つき矯正を1回、
涙袋形成を5回。さらに体では、ボトックス、豊胸手術、
ふくらはぎの筋肉切除手術を行い、
上から下まで何らかのメスを入れて改造した。
かかった費用は6500万ウォン(約570万円)ほどだという。

整形を通じて理想の姿を手に入れたキムさんだが、
新たな悩みが生まれてしまった。
それは、街を歩いていても、電車に乗っていても、
周囲が自分の姿に注目し陰口を叩くのだという。

キムさんは「365日24時間人々から悪口を言われる女」と自身を紹介した。

「周りの露骨な視線のせいで電車にも乗れません」
「人工的な姿のせいで悪口もたくさん言われた」と
悩みを打ち明けたキムさん。
番組放送後は、「人造人間だ」「マネキンみたい」
「少しの整形なら分かるけど…最近は整形しすぎる人が増えているようだ」
「怖い」などと過度な整形を懸念するコメントが集まった。
http://news.livedoor.com/article/detail/7913121/




うわぁあああああああああああああああ


こえぇえええええええええええええええ


いやぁ・・・

やりすぎだわ・・・

まぁ、本人が気に入ってるならいいですけど・・

・・・

気に入ってんのかな?w

本人は不自然だと・・・思わないんだろうね・・w


 
ギャラリー
  • ショサイの製品
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • 【画像あり】栗山千明のTバック姿がエロい・・・!
  • アメリカの3歳児、自分の頭を拳銃で撃って死亡 名前はデーモン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ